トリエンナーレの終了

春から秋に及ぶ僕たちのチャレンジも今日で一区切り。
感謝を伝えなくてはならない多くの方々へ。

まずは、半年にわたってカフェメニューを支えてくれたハーブ園のハーブ達、育んでくれた男木島の大地に感謝。
僕たちの畑はかなりコンパクトに設計してあるのだけれど、そんな小さな畑から春から秋までぶっ通しで、カフェメニュー&お土産のハーブ製品をよくぞ産み出してくれました。奇跡のような収量には驚きを隠せないでいます。
これからのオフシーズン、彼らにはゆっくりバカンスしてもらうつもりです。

そして、カフェを利用してくださった方々、ハーブ製品を買ってくれた多くのお客さま、本当にありがとうございました。ドリンク1杯1杯、商品1つ1つ、テイストもルックスも楽しんでもらえるよう、気持ちを込めて作りきりました。

また、色々と支えてくれたバイトのみんなや瀬戸芸スタッフさんにも!

超不定期営業にもかかわらず、予定を合わせて美容室に足を運んでくださったお客さまにも感謝をしてもしすぎることは無いでしょう。
不便な立地に輪をかけて超不便だったと思います。
本当にごめんなさい。

もう一つ、快くカフェスペースを提供してくれた男木島図書館の福井順子さん、カフェオギケノヒの福井大和さんにスペシャルサンクス!
瀬戸芸期間中のカフェ営業の経験は今後の象と太陽社にとって大きな意味のあるものとなりました。
知らない土地に移り住むという事は、その土地や人々との空気感だとか阿吽の呼吸みたいなのを身体に取り入れていく必要があると思うのだけれど、この場所は、飲食店の経験だけでなく、男木島や瀬戸内の雰囲気を掴むのにとても良い場所でした。
男木島に移住してきた人のスタートアップとしてこのような場所があるのはとても有意義なことだと思います。

そして何より、裏方としてカフェメニューの仕込みや、ハーブ製品を作り続けてくれた妻と、一緒に頑張ってくれた子供たちにもたくさんの感謝を。

瀬戸芸を通しての大きな収穫は、やはり多くの出会いがあった事。
また、僕たちのテーマであるミニマムライフ、ワーク、アグリカルチャー
(自分たちの手の届く場所で循環させ、環境負荷を減らし、いかに経済性も高めていけるかと言う事) を実践できた事はとても大きな自信になりました。
生産から消費までの全行程に携わることで、多くの発見や学びに繋がりました。
美味しくて安全な物を作られてる方々へのリスペクトが生まれたことも収穫のひとつ。
誰がどのように生産して、誰がどのように調理して、誰と食べるか。
「食」にまつわる様々な行為の重要性を再確認できました。
当たり前のことだけれど、とても大切なことで、これから我が家の大きなテーマになってゆきます。

一方でこれからの課題として、大きな視点ではオーバーツーリズムへの対応。
ホスピタリティー面でも、ゴミ問題などの環境負荷の面でも見直しが必要だと思います。
問題になっているプラスチックゴミはもちろんの事、男木島のように生活排水の浄化設備の少ない地域は、この期間普段よりかなり多い量の排水を直接海に流すことになるので、生分解性の無い物質の流入も避けられない。確実に環境へのインパクトはあると思うので地域をあげて取り組んでいかないといけない課題だと思います。
また、個人的には働き方の見直し、時間の使い方の効率化をしないと、ライフクオリティーが落ちてしまう。
もうガッツだけでやり通せる歳では無いのだ…
やはり、忙しすぎるとホスピタリティーも低下するし、何よりクリエイティブな仕事が出来なくなる。(意欲が低下する)
この辺は、自分たちの幸福感にダイレクトに反映するので超重要なポイントでしょう。
大きい課題に関しては、個人でできることも多いけれど、地域ぐるみで対応せざるをえないことも多いです。
家族や自分自身の充実感などは自分たちのオリジナルのモデルを作っていくしかないのだろうと思います。

さて、泣いても笑っても祭は終宴。
さっそく今日から象と太陽社のアップデートのスタート。
僕たちのような生活をしてると、手を抜こうと思えばいくらでも手を抜けるもので、それを始めたらおしまいだと思ってるところがあって、先に書いた課題をクリアしてゆくためにも、僕たちだからこそのオリジナルの形をハイクオリティーで一つ一つ出してゆけるように頑張ってゆこうと思ってます。

海とひなたの美容室は通常営業に戻って、基本的には火曜、木曜、土曜がオープンです。(クローズの時もあるので前もってご予約くださいね)

では、多くの人に感謝を込めて。。。