Blog

営業再開のご案内と主夫日記

さてさて、薪ストーブに火を入れるなんて、時の速さに度肝を抜かれてビビりっぱなしの今日この頃です。皆さんいかがお過ごしでしょうか??

2か月に及ぶ産休もあと2週間となりましたので、そろそろ営業再開のご案内といきます。12月から海とひなたの美容室は通常営業となります。営業日はホームページ内の営業日カレンダーでご確認を。営業日と休業日の割合が1:1。休みと仕事がケンカしないようにと考えた結果です。(というのは冗談で、休業日は材料や製品作りにいそしむクリエイティビティ(今月は主に開墾と収穫)あふれるスタイルなのです。)完全予約制となります。

今回の産休では、二人目の出産ということもあり、「これは一人目に比べて余裕のよっちゃんぶりを醸し出さねば!!」と意気込み、次世代のマルチタスク型主夫像の構築にいそしんでまいりました。えー、具体的に遂行した業務は以下の通り。

・家事全般

・妻を無事に助産院に輸送(救急艇&救急車の超豪華輸送となりました)

・妻の出産の応援(我ながらなかなか小慣れた感はあったと思うが、どうでしょう?)

・子供の遠足や文化祭行事への参加

・赤ちゃん返りしたビッグベイビーの処理(この件に関してはあまり成功とは言い難い><)

・家の食べれる庭の収穫に植え付け(一人増えた分ちょっと頑張らねばと…)

・ハーブ園での収穫&管理作業

・大量の玉ねぎの植え付け(こちらも一人増えた分、収穫増を狙って…)

・荒れ地の草刈り&開墾

・新しいハーブティーの開発

・秋のハーブの収穫&ドライ作業

・店の整備(意外と残してた工事や作業が多かったのです)

・家の整備(今年は子供のためにあったかい部屋作り。床を剥いで断熱処理を…この作業は今から。間に合うか⁉)

・ハーブ園拡張のための開墾(これもまだだ><)

・麦の種まき(ダモンテさんとこの)

・イノシシ罠の移動と設置(同じくダモンテさんとこの)

・屋根の瓦降ろしと補修(漁師さんとこの)

・その他いろいろ…

ほとんど赤ちゃんに関わることなく、産休&育休を過ごしてしまい、なんとも落としどころのないブログになってしまったのは確か。とにかく、次世代を行く世の主夫は玉ねぎの100本や200本は家事の合間にサクッと植え付けれるべし。以上!!

産前ケア・実践編~途中経過~

秋めいてきました。寒さが苦手な僕はもうすでに冬の到来にビビってます。

さてさて、そろそろ臨月を迎える山口家。今回の出産に臨むにあたって、切迫早産で苦労した、前回の反省を踏まえ…(第1子は決まって反省材料となるのです…)妊娠期間中に関しては、その期間をいかに普段と変わらず、元気に過ごせるか。そう、昔の人が良く言うアレです。「生まれる日まで畑仕事しとったわ」と言う名台詞。この男前フレーズを今後使えるか使えないかの大一番なのです。

ヘナを使ったケア

ここで登場するのがヘナ!!ヘナはアーユルヴェーダ(インド伝承医学)では肝臓のデトックス、子宮ケア、ホルモンバランスの調整などに効果があるハーブとして使用されてきました。仕事柄、まさに、リアルな大実験!!うちでの具体的な使い方は、ヘナ風呂・足湯・ヘナパックです。ヘナは熱帯植物の葉なので陰性だから、体を冷やすのでは??と思われがちですが、温かい風呂にいれたり、お湯でペーストを作ったりするとそんなことはありません。風呂に関しては、ヘナ独特の被膜で体を覆ってくれるので、湯冷めしにくくポカポカです。ヘナ風呂と足湯はほぼ毎日、ヘナパックは営業で余ったペーストが有る時や、時間の空いた時に行っています。

ハーバルボールを使ったケア

さて、こちらも仕事柄、絶対試しておきたいグッズ。このハーバルボールの良いところは、乾熱ではなく、蒸気を伴った熱なので、皮膚表面だけでなく、じっくり細胞内に熱が浸透し、終わった後ずっと身体が温かいのです。こちらも足のマッサージや、腎臓のケア、首・方・頭のマッサージ、へそ温灸やおなかの温めに使っています。夜寝る前に使うことが多いです。うちのむすこ氏はハーバルボールマッサージをされながら寝ると言うマハラジャ生活がスタンダード化してしまい、今後の行く末が心配です。

ハーバルボールは、電子レンジやスチーマーで温めます。薪オンリーと思われがちな我が家でも文明の利器を使用!!

でいったいどうなの?

と言うことで、ここまでは目標の120%くらい(指標はかなり主観的ですが…)と言っていいほど順調中の順調!!キングオブ順調!!と言った所です。前回の妊娠期間中と比べると雲泥の差。男木島の急な坂や階段でも生活できてるし、畑仕事だってこなせてます。あの名台詞までもう少し!!

出産にかかわると言う事

で、ここからは僕自身の感想や想いとなりますが、やはり、妊娠・出産に関しては男の人は頭ではわかっていても結局体としては理解しようがないので、「お母さんと同じ気持ちで」と言うのは物理的に不可能。でも、その期間中、同じ経過を体感しながら出産~産後に臨むことは可能だと言う事です。具体的に言うと、例えば、毎朝足湯で足マッサージをしてると、どれくらいむくんでるか、どちらの足がむくんでるか、など良くわかるようになってきます。むくみの辛さは体感できないけど、むくみがある事実を共有して改善してゆける。と言うこと。なんかそう言うことが大事だったんじゃないのかなぁ(よくある第1子の反省(笑)と思ってます。

この経験を製品作りに反映させよう!!

と言うことで、産前・産後ケアだけでなく、家庭や施設での介護現場、家族の中でのセルフケア、またサロンでのケア、さまざまな場面でハーブケアを取り入れることは可能なのですが、やはり1番重要なのは、触れること、スキンシップを伴ったハーブケアをすると言う事かな??と感じてます。そんな思いの詰まった製品をどんどん形にしていこうと思います。因みにヘナや象と太陽社製ハーバルボールはオンラインストアでも取り扱ってます。https://elephantsun.thebase.in/ 家族を癒したい世の男性諸君はこの機会にこぞってどうぞ!!使い方も動画でアップしていきますので乞うご期待。では、生まれる直前畑仕事パターンを目指してもうちょい気張ります。

ずいぶんぶっ飛んできたもんだ!!

さてさて、皆さんお元気でしょうか?

思えば、前回のブログはオープン日だったのです。

この150日間にも上る月日をいかに過ごしてきたかって??

開墾に次ぐ開墾。

漁師よりも黒く。

農家よりも黒く。

闇に紛れてしまえるレベルに。

いやぁ、さすがに人生のうちでこんな時間を過ごすとは夢にも思ってなかった。

本当に。。。ずいぶんぶっ飛んできたなぁ。と思います。

海とひなたの美容室のテーマは『Hair salon By farm』。

「いやいや、ないやろ。美容室で使うもん全部自分の畑で作るなんて」と鍬を地面に打ち込みながら何度つぶやいたことか。。。

しかしながら、やはりここでも明けない夜は無いのでした。

かなりいい!!この感触はかなりいい!!と言うものが舞い降りてきてくれました。

ん~やっぱ横にあるべきはFarmだね。

と言うわけで、新メニューにして看板メニューなるものの登場です。

フレッシュハーブを使ってゴチョゴチョゴチョっとしたらええ具合になりました。

このメニューに関しては、なんと夜21時の予約も受け付けます。何といっても、まったりとした時間に行うと、施術してるほうもすごーくリラックスできて心地よいのです。こちらが得した気分になれるメニュー。

Salon menuに載ってます。チェックしてください。

また、それに付随したハーブ製品もどんどん開発中です。

Online shopも楽しみにしておいて下さい!!

 

オープン日は一番静か。

しとしとしとしと降る雨のおかげで、移住して以来、一番と言っていいほどゆっくりした午後を過ごせています。

何を隠そう、今日は僕たち夫婦の9回目の結婚記念日であり、男木島での海とひなたの美容室のオープン日なのです。

オープンしたとは言うものの、当初の構想の半分くらいの仕上がりと言ったところ。店で使用したり、販売できるハーブの生産をするハーブ園の整備もまだまだ。店のお湯を太陽光で賄う計画にも着手しないと。。。

そんなこんなでやることを挙げればきりが無いけれど、今日はひとまず恵みの雨と言うことで。。。

オープンに向けて手伝ってくれた皆さん。お心添えいただいた皆さん。どうもありがとうございまーす!!

今後もより、好きなことだけ頑張る、良い見本には決してならない大人として頑張って参ります。

プレオープンなるか⁉ならぬか⁉

さてさて、皆さま。明けぬ夜は無いものです。”海とひなたの美容室”にもそろそろ完成の二文字が舞い降りてきつつあります。

残すところ、二階部分の手すりの設置、入口の石段の補修&手すりの設置、そして看板の設置と言ったところ。(これはこれでなかなかの作業量ではあるのですが。。。)そしてこれまた、未完のホームページも何とか完成させたい!!ホームページが整備されるまでには随分と時間が掛かりそうなので、とりあえずここで、当面の仕事内容のご紹介。

*コンセプト・・・パーマカルチャーやナチュロパシーの考えを基にしたノンケミカル美容室

*仕事内容・・・カット / ヘナ&ハーブカラー / ヘッドスパ / ワークショップ各種 / 足湯やびわの葉湿布などのほっこりメニュー / 訪問美容etc…

てなところです。色々したいことはあるけれど、スタートはこれでいっぱいいっぱい。男木島の季節のハーブも色々使って身も心も癒していってもらえたらいいなぁと思ってます。ヘナやハーブ類のネットショップも準備中です。

当面の目標は、島民の方に向けて5月にはプレオープンしたいなぁ…と目論んでますが、看板もないプレオープン前の店にちらほらと島民の方や知り合いの方が来てくれて、なんだかんだで忙しくなってます。これぞうれしい悲鳴と言うやつですが、看板なしでプレオープンに入る可能性がぐいぐい上昇中です。

特に春休み中は子供たちがいっぱいでにぎやかでした。子供心を目いっぱいくすぐる(大人心もまたしかりです)ために唯一外注して島の友人に作ってもらった天井まで続く木製の梯子がディズニーのアトラクション級の人気っぷりでこれは予想的中でかなり嬉しい。

まぁ、こんな感じで商売っ気が無く、経済活動なのか不経済活動なのか良くわかんないとこに位置する僕たちですが、何とか濃霧の中をコンパス片手に前進中ですので、気長に見守ってください。特に未完のままアップされてるホームページは日々更新し続けていくのでお楽しみに!!(決して誤字脱字、奇妙な文章、へんてこな写真に憤慨なさらぬよう…)

ご予約のことや質問はこちらまで。 zoutotaiyo@gmail.com 必ず返信しますのでごゆっくりお待ちください(笑

 

海とひなたの美容室の工事進捗状況♪

またまた久々の更新になりました。相も変わらず、ブログを書く暇もなく(息子を寝かしつけると、ほぼカムバックできないのです。。。)、朝から晩まで工事三昧の日々を送ってます。

3月のオープンに向けて急ピッチですが、9月半ばに着工してようやく1/3くらいの工程をクリアしたかなー!?と言うことで、めでたく進捗状況のお披露目に至ったわけです。

新しい店は眺めの良さを前面に押し出した作りに。と試行錯誤の末、2階建ての納屋の高さをそのまま生かしてフルリノベーションすることにしました。(お店からの絶景はぜひ現場で味わってくださいね)

まず、元々の納屋を柱だけの状態に解体。

元の納屋はこちら↓

そして骨組みだけに。。。

元の納屋は、基礎石の上に柱を乗せた作りでした。男木島は石垣の上に家屋を立てているところが大半で、うちもしかり。納屋の地面は、うっすらひかれた土をどけると石垣の土台が現れます。しかもその下には水が悠々と流れてくれていました。。。大雨が続くと、岩の間から水が湧いてくるので、これをどうするかが一番の悩みどころでした。結局僕が採用したのは、断熱材や鉄筋を敷いてコンクリートでベタ基礎を作ってしまう方法。普段の水の流れは止めずに上から橋を架けるようなイメージで。。。

工事しょっぱなからクライマックス並みのやり切った感でしたが、2ケ月ほどかけて基礎部分の工事を手作業で乗り切ることが出来ました。ちなみにこのセメント作業、風呂作りの際に手伝ってくれた元左官屋さんの現灯台守の方に教えてもらったノウハウがガッチリ役立ちました!!

11月に入ってからはようやくスコップをハンマーに持ち替えて、大工仕事に取り掛かれる喜びに浸りながら、シロアリにやられてたり、腐ってたりする柱を、取り外し交換。ちなみに家屋の強度や、補強に関しては僕はズブの素人なので(当たり前か。。。)、そんなことにズバ抜けて詳しい、島の漁師さんに手伝ってもらいました。漁師さんが家を建てれるって素敵な才能です。わらじは何足も履けるに越したことは無いです。

屋根を付けた状態がこちら↓

現在は目下壁を完成させてしまおうと、フルスピードで作業中(壁の無い見晴らしの良い建物って、感動的に寒いんです)。

と。。。とりあえずの近況報告。少し尻つぼみのブログになりましたが、睡魔に完敗です。。。また続編書きます。それではおやすみなさい~

職業について。

最近一番困る事。

それは職業を聞かれた時だ。別にやましい事をしてる訳でも無く、ただ単に自分の仕事のジャンルが多種多様に広がってしまって、一言で何て言っていいのか判らないのだ。

そんな訳で、何と言って良いか判らない時用の記事として、そして僕が一体何をしてる人か判らない人(わからなくても全く困ることはないと思うが。。。)の為に勝手なおせっかいとして自己紹介をしておくことにする。

まず、僕が勝手に仕事と位置付けている事は、ただ単に金銭のやり取りが発生するものだけに限らない。収入が発生しなくても、例えば、DIYで家造りを進めている場合や、農作業。作業と物との物々交換など。物事が前進したり(もちろん後退するときも多々ある。。。)労働に対して何かしらの対価が払われる物事全般を指している。育児だって立派な仕事だ。1日分の育児は子供を1日分成長させ、人を1日分老化させる。

だから、僕はずいぶんと仕事で忙しい。

で、本題の僕の仕事だけれど、今までの本職はヘアカラーリストと言う少しマニアックなジャンルの美容師だった。どれくらいマニアックかと言うと、世の中全てを、明度と色相と彩度で眺めていた。例えば、昨日会った人を思い出す時、彼女の肌は明度レベル8.5、色相紫、彩度レベル0.5。と言う感じ。かなりいってしまっている(笑)

随分と薬剤にまみれた生活をした挙句、身体が悲鳴を上げ、その後ケミカル薬剤を一切使わないヘアカラーリストになった。こちらもそれなりにマニアックでぶっ飛んでいる仕事だ。現在は月に2日ほど京都のアトリエに出て、馴染みのお客さんを染めている。オーナー兼技術者。これは金銭的な収入を得ている1つ目の仕事。

もう一つは、僕が扱っている染毛剤のヘナやハーブの代理店としての仕事。IPMと言う会社のハーブで、肌感触がとても良い。主に関西や四国に卸している。関連するセミナーやインストラクターの養成なども行っている。

さらにもう一つ、ノンケミカル美容師としての講演会やセミナー、一般の方へのヘナの使い方講座など、色々話したりレクチャーしたりする仕事。

一応ここらが今までの経験を生かした仕事。男木島に移住してからはここにいろんな仕事が不定期に舞い込んでくる。文字通りてんてこ舞いとなってしまう(笑

まず毎日の日課となりつつあるのが、大工仕事。移住してからは日々何かを作っている。初めてのことが多かったので手伝ってもらいながら、トイレ、風呂(もう少しで完成!!)と言う生活に必要な超大作を作り上げている。次の作品は庭にある納屋を壊して新しく美容室を作る予定。

それに加えて、畑仕事。この秋から美容室作りと並行して、パーマカルチャ-の考えに基づいた形にデザインしようと思っている。農と美容室が一体化したら楽しいかなと。。。

ここ最近では、漁師さんからハマチの運搬の仕事にもちょこちょこ呼んでもらっている。その他、島の草刈りや、船の整備など、かなり体力的にハードな仕事も多い。立派なブルーワーカーになりつつあるのかもしれない。

また、ふらっと島を歩いているとお年寄りから何かしら頼まれる。教科書に載ってた「過疎化」ではなく、実体験としての「過疎化」を体験している。

大忙しの日はこのような仕事が3つ4つ掛け持ちになる。

そうして僕は自分の職業が一体何かわからなくなった。

誰か良いネーミング有れば教えてください。

僕はここに居る。

香川県の男木島に移住してちょうど一年が経った。

突如として京都から消えた僕を友人たちはどう思ったのだろう?

今まで店に通ってくれたお客さんはどうしているだろう?

美容師仲間は(と言っても数少ないが。。。)どう感じたのだろうか?

「あいつは気が振れたのか?」

「無責任な奴だ!」

「いや、きっと何か良いことしてるんだよ。」

様々な憶測が流れ、泡のように消えていったが(たぶん流れてはいないが。。。)、その間もこれといった情報は出さず仕舞いだった。

そして今、言えること。。。

「僕はここに居る。」

とりあえず、今の環境や、日々の生活やこれから起こるであろうことにすべて満足して生きている。

旅するように暮らしている。

まぁ、上々ってとこだ。

ここには、島のことや、仕事のことやその時々で心が動いたもの、様々なことを書いていくつもりだけれど、みんなに必ず聞かれる移住の理由だけ書いておくとしよう。

「生きるように生きたかったから」

以上。

この一年での成果と言えば、島の友人たちに手伝ってもらって作ってるホームページを超未完成のままアップさせれるだけの寛容さ(いい意味で言えば。。。)が身についたことかな。。。

また書きます。