海とひなたの美容室の工事進捗状況♪

またまた久々の更新になりました。相も変わらず、ブログを書く暇もなく(息子を寝かしつけると、ほぼカムバックできないのです。。。)、朝から晩まで工事三昧の日々を送ってます。

3月のオープンに向けて急ピッチですが、9月半ばに着工してようやく1/3くらいの工程をクリアしたかなー!?と言うことで、めでたく進捗状況のお披露目に至ったわけです。

新しい店は眺めの良さを前面に押し出した作りに。と試行錯誤の末、2階建ての納屋の高さをそのまま生かしてフルリノベーションすることにしました。(お店からの絶景はぜひ現場で味わってくださいね)

まず、元々の納屋を柱だけの状態に解体。

元の納屋はこちら↓

そして骨組みだけに。。。

元の納屋は、基礎石の上に柱を乗せた作りでした。男木島は石垣の上に家屋を立てているところが大半で、うちもしかり。納屋の地面は、うっすらひかれた土をどけると石垣の土台が現れます。しかもその下には水が悠々と流れてくれていました。。。大雨が続くと、岩の間から水が湧いてくるので、これをどうするかが一番の悩みどころでした。結局僕が採用したのは、断熱材や鉄筋を敷いてコンクリートでベタ基礎を作ってしまう方法。普段の水の流れは止めずに上から橋を架けるようなイメージで。。。

工事しょっぱなからクライマックス並みのやり切った感でしたが、2ケ月ほどかけて基礎部分の工事を手作業で乗り切ることが出来ました。ちなみにこのセメント作業、風呂作りの際に手伝ってくれた元左官屋さんの現灯台守の方に教えてもらったノウハウがガッチリ役立ちました!!

11月に入ってからはようやくスコップをハンマーに持ち替えて、大工仕事に取り掛かれる喜びに浸りながら、シロアリにやられてたり、腐ってたりする柱を、取り外し交換。ちなみに家屋の強度や、補強に関しては僕はズブの素人なので(当たり前か。。。)、そんなことにズバ抜けて詳しい、島の漁師さんに手伝ってもらいました。漁師さんが家を建てれるって素敵な才能です。わらじは何足も履けるに越したことは無いです。

屋根を付けた状態がこちら↓

現在は目下壁を完成させてしまおうと、フルスピードで作業中(壁の無い見晴らしの良い建物って、感動的に寒いんです)。

と。。。とりあえずの近況報告。少し尻つぼみのブログになりましたが、睡魔に完敗です。。。また続編書きます。それではおやすみなさい~